引き釣りの方法

オトリを底へ泳がせる

引き釣りとは、オトリを糸で引っ張って狙うポイントへ誘導して釣る方法です。

野鮎は川底付近で縄張りの周辺を泳いでいます。

ですからオトリも、野鮎がいそうなポイントの川底に泳がせ、
縄張りを荒らさせるように操作します。

川底まで泳がせずにオトリが川の表面に浮き上がってしまうと、
野アユは攻撃してきません。

それゆえ、オトリをまず流れに乗せて誘導し、下流でラインを緩めて川底に沈めると
確実です。

ただ、このやり方ではオトリが少し弱ってしまい、野アユが攻撃してくるほどの
元気がなくなってしまうので、中級者以上であればオトリをつかんだまま水中深くに
沈めて放すことでオトリを弱らせない方法を使用するといいでしょう。

なお、鮎には糸を引っ張った方向と逆に泳ぐ習性があるので、ポイントへ誘導する際は、
逆方向に糸を引いてください。

タグ

最新情報