アタリの見分け方

アタリは実は頻繁に起こっている?

友釣りでの鮎は、微妙なアタリとしっかりとした激しいアタリとに分かれます。

野鮎がオトリに体当たりしている状態のとき、ハリにわずかに触れていると
微妙なアタリが来ます。

この状況は前アタリのようなもので、ここでオトリが泳ぎ回るのをストップさせて、
糸を張って待つのです。

それから本アタリが来ると、誰にでもはっきりとわかるような激しい負荷が
ロッドの先にかかるため、ここでハリを野鮎にしっかりと食い込ませてから
糸を強く張り、取り込みます。

鮎を取り込むには、「引き寄せ」と「引き抜き」の方法があり、
「引き寄せ」は少しずつ鮎を手前に寄せてから網ですくう方法です。

「引き抜き」は、ロッドを立てて後ろに倒し、鮎を空中に飛ばして網で
キャッチする方法です。

この方法であればポイントを荒らさずに済むので、継続して同じポイントを狙えます。

タグ

最新情報