ハリの良し悪しが釣果を分ける

いいハリを使おう

鮎の友釣りでは、鮎の方からハリに食いつかせるのではなく、縄張りを荒らした
侵入者に突進してくる勢いを利用してハリに引っ掛けなければならないため、
ハリの品質が釣果を左右します。

ハリ先の鋭さが甘いとハリが鮎の体表を滑って引っかからず、逃してしまいます。

そのため、理想のハリはできるだけ鋭く、接触した途端に刺さってしまうくらい
品質がいいものを探してください。

また、ハリ先の鋭さだけではなく、ハリの形そのものも重要です。

ハリ先が外側を向いているものは、ハリがかかりやすいですが、外れてしまうことも
多くなります。

このハリの使い分けも鮎釣りでは大事なテクニックの一つですので、
様々な形状のものをシチュエーションに合わせて試してみて下さい。

タグ

最新情報