鮎釣り釣行に出る前の下準備

水に濡れてもいい装備が必要

鮎釣りでは川の中に入って釣ることが前提のため、当然濡れてもいい装備をしていきます。

以下に、鮎釣りのための標準装備を掲載します。

● ウェーダー

柔らかいネオプレーン素材の長靴です。
保温性が高く、川の中でも平気です。
ただ、大変蒸れて、一旦水が中に入ると乾きづらいという欠点もあります。

● タビとタイツ

ダイビングスーツのように下半身にぴったりフィットするタイツです。
足を水流から保護してくれますが、足首から水が入ってしまいます。

● 鮎ダモ、あるいは玉網

鮎釣りでは魚をキャッチするための網が必須です。

● 引き船

オトリや釣った鮎を一時的に保管するための道具です。

● オトリカン

オトリや釣った鮎を入れて、通常川の水に漬けて水温を慣らします。

● ベスト

仕掛けをポケットに入れておくと便利です。

● 帽子

● 偏光グラス

タグ

最新情報