アユ釣りポイントと攻略法


鮎の釣り場とポイント選び

川見をする

鮎釣りを始める前に、まず、その川に鮎が生息しているかどうかを見極める川見をします。

鮎が生息している川は、鮎が藻を食べた痕を探すとわかります。
鮎が藻を食べると、川底の石が綺麗で黒光りしています。

川の傍から覗くよりも、やや高い場所から、偏光グラスを着用して見てみると、
見つけやすいでしょう。

鮎の釣り場とポイント選び

ご自身で川見ができない場合、川全体を見渡せる場所に立ち、地元の釣り人の様子を
観察すると参考になります。

初心者の方にとって、川見はなかなか難しいものですので、
初めての鮎釣りではベテランの方に同行してもらえれば間違いないでしょう。

なお、鮎は時間帯によってポイントを移動するものがいます。

朝は藻のたくさんついた石垢を探してエサを食べ、深場で休みます。

夕方になるとまた休んでいる場所から出てきてエサを漁ります。

こうした習性を理解し、釣れるポイントを探して下さい。

鮎釣りポイント別解説

様々な鮎釣りポイントをマスターする!

1.瀬

流れが早く、水面の変化の大きいところを「瀬」と呼びます。

波や白泡が立っているところなど流れの変化があるということは、川底の地形にも
平坦ではなく、石が多かったり傾斜があったりと様々に変化しているということです。

流れの速さや水深によって「ガンガン瀬」や「チャラ瀬」「深瀬」「早瀬」などと
色々な形態がありますが、いずれの瀬も好ポイントと言えるでしょう。

瀬の始まりを「瀬肩」「瀬頭」、終わりを「瀬落ち」「瀬尻」、左右の脇を「脇瀬」
と言います。

瀬の中にいるアユは縄張りを形成していることが多く、高確率でオトリにアタック
してきます。

鮎釣りポイント別解説

2.淵

瀬が落ち込んだところにある、水深があって流れの緩い「淵」は
まだ縄張りを持っていない鮎や、他の鮎に負けて縄張りを作れず群れを
構成している鮎がいることの多いポイントです。

このような鮎は縄張りを守る意識が少ないため攻撃性が低く、友釣りで釣るには
難しい魚と言えます。

しかし、釣り方や狙うタイミングによってはオトリを襲うこともあるので、
次に瀬に入る魚を供給するための大事なポイントと言えるでしょう。

3.トロ場

緩く平坦な流れが続いているところを「トロ場」といいます。

トロ場も群れアユが多い場所で攻撃性の少ないアユが相手となるため、
流れを利用してオトリを送り込む引き釣りでは攻略するのは難しい場所と言えます。

オトリの動きで反応させる泳がせ釣りが効果的なポイントとなります。

タグ

最新情報