泳がせ釣り


泳がせ釣りの方法

できるだけ自然に泳がせて釣る

野鮎は侵入したオトリに対して攻撃を仕掛けますが、弱った不自然な泳ぎ方では
さほどの警戒心を起こさず、突進してくることもありません。

ですから、オトリをできるだけ弱らせずに元気なまま、しかも自然な状態で
狙いのポイントへ誘導することが爆釣のコツと言えます。

泳がせ釣りは、こうした考えの元に、オトリをできるだけ自由に広範囲に
泳がせる釣法です。

ただ、自由に泳がせると言っても好き勝手にオトリを走らせるわけではありません。

オトリをコントロールするために、水中に入れた瞬間、糸をたるませて
水中の糸に抵抗を与え、オトリがそれに逆らって前に泳ぐように誘導します。

泳がせ釣りではできるだけオトリに負担をかけないように、細い糸とハリを使用します。

なお、オトリを水中に放しても動かない場合は泳ぎ始めるまで少し待ってやる必要が
あります。

動かないからと言って、糸を引くとオトリが弱ってしまいますので気をつけてください。

タグ

最新情報