アユ釣りのオトリ


淵やトロ場で効果を発揮する泳がせ釣り

泳がせ釣りの手順

渇水時や混雑時、また攻撃性の低いアユのいる淵やトロ場で効果を発揮するのが
泳がせ釣りです。

泳がせ釣りの手順としては、オトリを上流に向けて足元から放します。

放す前からオバセ(ラインのたるみ)を作ってオトリにライン抵抗を与えておきましょう。

オバセを作って自発的にオトリを泳がせるこの釣りでは、水中糸に0・2~0・3号程度の
ナイロンラインを使用するのが一般的です。

引き釣りで効果的な働きをする極細のメタルラインでは、水流による抵抗が掛かりにくく、
オトリがあまり泳ごうとしません。

泳がせ釣りは、自分の「下流」を釣る引き釣りとは違い、「上流」側を釣ります。

引き釣りのように寝かせるのではなく、立て竿にして適度なオバセを作り、
オトリを上流へと泳がせます。

竿先をやや上流へと向ける「上竿」が泳がせ釣りの基本の構えとなります。

また、オバセの加減も泳がせ釣りでは重要な要素となります。

オバセを大きく取ると、ラインが水流を受ける面積が大きくなり、オトリは流されまいと
懸命に泳ごうとします。

逆にオバセを小さくすると水流抵抗が減って、オトリはゆったりと泳ぐようになります。

こうしたオバセの加減でオトリの泳ぎをコントロールすることができますが、
オバセを作っているために、アタリがダイレクトに手に伝わりにくいことも
頭に入れておかなければなりません。

目印やラインの動きに注意して、変化があったらラインを張ってアタリを探る作業も重要に
なってきます。

上流に泳がせたオトリに掛かったアユは、慌てて寄せるとバラす可能性が大きくなって
しまいます。

しばらく待つと下流へと流れてくるので、そこからやり取りを始めるくらいの気構えで
対処しましょう。

野アユが掛からずオトリが上り切ってしまったらいったん回収します。

表層の流れに乗せてオトリを下流へ戻し、引き釣りの要領で最スタートさせる方法も
ありますが、上級者になると意外と頻繁にオトリを引き寄せていることに気づきます。

最初にオトリを泳がせたコースで掛からなかったので、少しコースを変えようと水中のオトリを
竿で引っ張ってしまいがちですが、オトリに余計なストレスが加わり弱ってしまったり、
コースが思ったよりも変わらなかったりと、思いどおりにオトリを動かせない方が多いのです。

それよりもいったんオトリを寄せて、あらためて別の方向に向けて送り出してやる方が
上手くいきます。

これを頭に入れておけば、同じ場所に立っていても複数のポイントを効率よく探ることができ、
野アユが掛かる確率も高くなります。

オトリをどう上手く扱うか

オトリをハナカンにつける

活きのいいオトリを手に入れても、そのオトリを仕掛けにうまくセットして
操作できなければ、友釣りで釣果をあげることはできません。

オトリを入れたオトリカンをできるだけ早く川の水に漬けて、オトリに川の水温に
慣れさせます。

川の水とオトリカンの中の水温が大きく違う場合、一気に水の中に漬けると
オトリが死んでしまうことがありますのでご注意ください。

オトリをカンから取り出す場合、逃がしてしまわないように注意しながら
ハナカンをします。

オトリの胸の辺りをつかみながら、弱らないうちにすばやく仕掛けにセットします。

このとき、余裕があれば、指でオトリの目を隠して見えないようにしてやると
落ち着きます。

手早くつけないとオトリが弱ってしまったり、あるいは鼻を切って血を流して
死んでしまうこともあります。

初心者には難しい作業ですが、最初の2、3匹くらいは練習のつもりでハナカンに
通してみるといいでしょう。

オトリ鮎の選び方

多めに買っておくと無難

鮎のオトリはお店で選びますが、できるだけ活きのいい元気なオトリを買います。

特に初心者であれば、オトリを仕掛けにセットすること自体が難しいですから
弱らせて使い物にならなくなったり、あるいは使う前に死んでしまったという
ことにもなりません。

予算の許す限り、多めに買っておく方がいいでしょう。

オトリの相場は1,000円あたり3匹くらいです。

オトリには二種類あり、自然で育った天然のオトリと養殖育ちのオトリがあります。

天然ものはやはり元気が良く、アピールが高いですが、一度弱るともう使えなくなります。

養殖ものは天然ほどの元気はありませんが、数回使用しても休ませると元気になるので
何度か使えます。

購入する際は両方を混ぜて買ってもいいでしょう。

タグ

最新情報