アユ釣りの仕掛け


ハリの良し悪しが釣果を分ける

いいハリを使おう

鮎の友釣りでは、鮎の方からハリに食いつかせるのではなく、縄張りを荒らした
侵入者に突進してくる勢いを利用してハリに引っ掛けなければならないため、
ハリの品質が釣果を左右します。

ハリ先の鋭さが甘いとハリが鮎の体表を滑って引っかからず、逃してしまいます。

そのため、理想のハリはできるだけ鋭く、接触した途端に刺さってしまうくらい
品質がいいものを探してください。

また、ハリ先の鋭さだけではなく、ハリの形そのものも重要です。

ハリ先が外側を向いているものは、ハリがかかりやすいですが、外れてしまうことも
多くなります。

このハリの使い分けも鮎釣りでは大事なテクニックの一つですので、
様々な形状のものをシチュエーションに合わせて試してみて下さい。

仕掛けのセッティング手順

鮎釣りの仕掛けはこの手順で!

釣り場を目の前にすると一秒でも早く竿を出したくてつい慌ててしまいがちです。

しかし、1つ1つの準備を確実に行わないと釣りの最中にトラブルを起こしやすく、
結果的に釣りをする時間が短くなってしまう、ということにもなりかねません。

最初のうちは時間がかかっても確実なセッティングを心がけましょう。

まずは竿の穂先だけを少し伸ばし、金属トップに完全仕掛けの天上糸を取り付けます。

ほとんどの完全仕掛けは投げ縄結びで輪が作られていますので、この輪を金属トップの
溝に掛けてラインを締め込みます。

仕掛けを取り付けたのち、穂先、2番節、3番節と、細い順に全ての竿の節を伸ばし、
同時にラインを仕掛け巻きから引き出します。

竿を伸ばす時には仕掛け巻をアユベルトに挿した玉網に入れておくとスムーズに
ラインが出て便利です。

竿の各節のコミは使用中に抜け落ちないように軽く捻っておきます。

あまり強く捻るとコミの部分がしまえなくなったり破損することもありますので
十分に注意しましょう。

竿を伸ばし、仕掛けも全て引き出したら、天上糸の部分をスライドさせて
仕掛けの長さを調整します。

編み付け部分を調節することで全長が決まりますが、竿尻とハナカンが同じ位置に
くるくらいが初心者でも扱いやすい長さです。

仕掛けの長さが調整できたら掛けバリをセットします。

市販のイカリバリをケースから取り出し、サカサバリのハリス止めに取り付けます。

サカサバリから掛けバリまでの長さは7センチ前後、オトリに取り付けた時に
尾ビレからイカリバリまでの間が1~2センチになるようにセッティングしましょう。

タグ

最新情報